リソラボ(Re:solab")

  • 栄養士監修|ライザップの食事の戻し方は?普通食に戻す方法と注意点

栄養士監修|ライザップの食事の戻し方は?普通食に戻す方法と注意点

ライザップはトレーナーの指導のもと、徹底的な食事管理と運動で確実に理想の身体に導いてくれるという事で有名ですよね。

一方で、ライザップのプログラム終了後はトレーナーが付かなくなるため、「油断をしてしまいリバウンドをしてしまった」という声も聞きます。どんなダイエットでも痩せる前と同じ食生活(太りやすい食生活)に戻したら、当然リバウンドしてしまいます。

せっかく努力をしてダイエット成功し、手に入れた理想のカラダですから、キープしたいですよね?

この記事では栄養士監修のもと、ライザップ退会後や、糖質ダイエットをしている方が、食事制限を辞めた際の食事の戻し方やリバウンドを防ぐためのコツを説明します

【こんな人に読んでほしい記事です】

  • 糖質制限ダイエットや炭水化物ダイエット経験者
  • 糖質制限の食事から普通食に戻したいと思っている人
  • リバウンドをするのが怖い人

ライザップの食事(糖質制限食)から普通食への戻し方

糖質制限ダイエット後で注意したいのが、普通食への戻し方です。
糖質制限はカロリー制限とは異なるため注意が必要です。

ここでは糖質制限食から普通食への戻し方や注意点について紹介します。

うまく糖質コントロールをしてリバウンドを防ぎましょう。

糖質制限ダイエット後に摂取する「糖質の種類」に要注意

糖質の含まれている食材
糖質には様々な種類があるのはご存知でしょうか?

同じ糖質でも、なおさらリバウンドをしやすくなってしまう糖質もあるため、要注意です。

NGフード OKフード
・菓子パンなどの小麦製品
・白米
・砂糖
・さつまいも
・かぼちゃ
・果物(糖度の高すぎないもの)

菓子パンやドーナツ、ケーキなどの甘いものは、どうしても食べたくなってしまう時もありますよね。そんな時は、さつまいもやかぼちゃ、フルーツなどの自然の甘味があるものを食べると、満足感も得られるため、おすすめです。

どうしてもお米を食べたくなってしまったら「玄米」、パンが食べたくなってしまったら「ライ麦パン」や「米粉パン」がおすすめです。

ただ、先程お伝えした4週間目までは、なるべく「OKフード」を意識して食べることでリバウンドをより防げます。

【ワンポイントアドバイス】
市販の"低GI"と呼ばれているものでもOK!
コンビニなどで売っている、大豆で出来たバーなど、GI値の低い食品はおすすめです。
低GI食品は血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、身体への負担が少なくなり、太りにくいのです。

「糖質」は徐々に摂取する、「炭水化物」は極力控える

糖質制限ダイエットが終了後、いくらリバウンドすると言われているからと言って、糖質や炭水化物を摂取してはいけないわけではありません

確かに今まで我慢していた糖質や炭水化物を摂取したい気持ちはわかりますが、それでは今までの苦労が水の泡になってしまいます。

まずは、基本的な考え方をお伝えします。

最初は朝だけ糖質を摂取(玄米が理想)
慣れてきたら昼や夜にも摂取

糖質はいきなり朝昼晩の3食とも摂取をするのは避けましょう。

急に摂取量を増やすことはリバウンドの原因になってしまいます
具体的な期間と糖質量について詳しく説明します。

ライザップの食事の戻し方のコツ|「期間と量が重要」

リバウンドしないための食事
リバウンドしないためには、一気に制限をゆるめるのではなく、徐々に時間をかけて糖質摂取量の制限を緩和することが非常に重要なポイントとなります

2週間から4週間くらいの期間をかけて、糖質量を段階的に増やしていきましょう。

期間 お茶碗1杯分の白米
1~2週間目 朝または昼に1杯
2~4週間目 朝と昼に1杯ずつ

※お茶碗1杯分の白米(150g)=糖質55g

4週目までは、夜に糖質を摂取することは成るべく控えましょう。

また、体質やなりたいカラダによっても、摂取しても良い糖質の量も変わってきます。

しかし、このように食事を元に戻すと言っても、自分の体質に合わせた方法が分からない人は多いと思います。

ライザップではダイエット終了後の、糖質制限から通常の食事に戻る際に、トレーナーが一人ひとりに合わせて食事指導をしてくれるため、リバウンドも防げるでしょう。

外食やコンビニ食、仕事上避けられないお酒は?

「会社のつきあいでランチにご飯」「時間が無くてコンビニ食」「接待でお酒を飲まなくてはいけない」このような方は非常に多いのではないでしょうか。
なるべく悪い糖質をさけ、糖質オフをするため、具体的な内容をお伝えします。

外食 お魚定食などの和食定食メニューがおすすめ(ご飯は半分にしてもらいましょう)
コンビニ食 サンドイッチは避けて、おにぎりは1個とサラダとサラダチキンの組み合わせがおすすめ
お酒・アルコール ウイスキー、焼酎、ブランデーならOK(おつまみにタンパク質を一緒に食べましょう)

糖質制限期間の、ダイエットメニューまでは制限しなくても問題ないですが、量や質には気を付けていたい所です。

コンビニ飯は身体に悪い印象があるかもしれませんがそんなことはありません。

コンビニで糖質制限ダイエットをしたい方はこちらの記事を参考にしてください。
【ライザップ直伝】コンビニ飯で実現する糖質制限の食事メニューと効果

ライザップの食事の戻し方|そもそも糖質制限はなぜリバウンドする?

リバウンドを気にしている女性
これまで、リバウンドしないコツをご紹介してきました。そもそも、なぜ人はリバウンドしてしまうのかご存知でしょうか?カラダの仕組みや、糖質制限中の状態がわかれば、食べたい欲求も抑えられるかもしれません。ご紹介していきますね。

糖質は体のエネルギー源になる大切な栄養の一つ

糖質制限の説明図
その糖質を制限している間、なるべく少ないエネルギーで身体を動かそうとしていて、常に飢餓状態になっています。砂漠にある植物が雨を欲して、水分をより蓄積しようとする様に、糖質制限中の体は糖質を吸収しやすい身体になっているのです。

ですから、糖質制限直後にいきなり糖質を摂取してしまうと、少しの量でも吸収しようとするため、リバウンドに繋がりやすくなるのです。

基礎代謝が減ると痩せにくくなる

基礎代謝について
さらに、エネルギーの源となる糖質を制限すると、糖新生(とうしんせい)という反応がおこり、筋肉をエネルギーの材料として使ってしまいます。そのため、筋肉が減ってしまい、基礎代謝の低下につながるのです。

基礎代謝が低下すると、脂肪が燃えにくくなるため痩せにくい身体になってしまいます

ライザップでは「リバウンドしないため」や、「効率的に痩せるため」に同時に筋力トレーニングもしているのです。

ライザップは食事だけじゃない!筋力トレーニングでリバウンド防止

ライザップのエントランス
食事制限だけをしていたら、身体がその食事摂取量に慣れてしまい、痩せにくくなってしまいます。それどころか、先ほど説明した糖新生では体内の筋肉からもエネルギーをとってしまう為、筋肉量が減ってしまうのです

筋肉量が減ることにより、基礎代謝は下がります。そうなると脂肪も燃えにくくなってしまうのです。

そのためライザップでは一人ひとりに合わせて、タンパク質を多く摂取したり、糖質を少なくしたりなどの食事制限とともに、筋トレをしています。よって、効率的に痩せるだけでなく、食事制限終了後の基礎代謝の維持をサポートし、リバウンド防止にも繋がっているのです

ライザップはトレーナーが、ダイエット終了後に何を食べたら良いのかも、一人ひとりに合わせて考えてくれるため、「戻し方が分からない」という心配はいりません。

短期間でボディメイクをし、理想の体になるわけですから、好きなものを食べていた時を考えると、厳しく感じるかもしれません。

しかし、トレーナが一人一人にあった食事やトレーニングメニューを考え、体調など相談しながら進めていくので、食事制限やトレーニングも、続けられないものではありません。

それに、挫折しそうになった際にトレーナーがサポートしてくれるのは、非常に心強いですよね。

【まとめ】ライザップの食事の戻し方~糖質制限食から普通食へ~

それでは最後に、リバウンドしない食事の戻し方についておさらいしましょう。

  • 徐々に糖質を摂取する
  • 炭水化物は極力避ける
  • 2~4週間の期間と量が大切!
  • 低GI食品を摂取する

糖質制限メニュー後にリバウンドしないようにするためにも、糖質制限の際に得た知識は、日々の生活に活かしていくことをおすすめします。

ライザップでは、結果を大切に考えてくれます。リバウンドをしないためには、どうすればよいのかをトレーナーに相談できます。

ぜひ、結果の出せるライザップのダイエットを試してみてください。

【関連記事】
ライザップの糖質制限は危険?1日の食事メニューや摂取グラム数も紹介

TOP