リソラボ(Re:solab")

女性のダイエットにライザップの食事メニュー

テレビや雑誌などで女性向けのダイエットメニューは多く紹介されていますが、本当に効果があるのか、気になっている方もいらっしゃるかと思います。

ライザップではしっかりとした科学的根拠に基づいた食事メニューを組んでおり、効果も立証されているため、試してみる価値が大いにあります。

この記事では、ライザップの食事メニューをはじめ、ダイエットに効果的な食事を摂るときのポイントなどを解説します。

ライザップの食事ガイドライン

ライザップの食事ガイドライン

ライザップのダイエット方法には、食事ガイドラインがあります。ダイエットプログラム中にどのような食生活をするべきかについて、細かい考え方が記載されています。

そこでは、糖質の摂取を制限し、身体の基礎代謝を向上させて、エネルギーを消費しやすくするということが書かれています。エネルギーの消費は主に筋肉でなされるので、筋肉を鍛えることも必要です。

ライザップの食事は糖質制限食が基本

糖質制限の食事メニューは基本的には、炭水化物・糖質を含む食品を摂らないようにし、たんぱく質を多く摂るように心がけます。おかず中心の食事で、糖質制限メニューを実施していくことができます。

糖質制限は女性に不利?

この糖質制限メニューですが、女性には少し不利な特徴があるようです。糖質制限では、筋肉を活動させてエネルギーを消費させますが、女性は男性に比べて筋肉の量が少ないため、エネルギーの消費量も小さく、大きな効果を得ることが難しい場合があります。

また、糖質制限中は、糖質に代わるエネルギーをまず内臓脂肪から探し出して、燃焼させていきます。しかし、女性は男性に比べて、内臓脂肪が少なく、そのかわりに皮下脂肪を多く持っています。体内の仕組みでは、皮下脂肪より先に内臓脂肪が使われるので、このことも女性が不利である一因となっています。

さらに、女性ホルモンの影響も大きいようです。エストロゲンという女性ホルモンは、糖質を欲します。甘いものをどうしても食べたくなってしまう原因は、この女性ホルモンです。女性の場合は得に、糖質制限を継続して厳しく行うことが難しいこともあるといえるのではないでしょうか。

ライザップの食事メニュー

食べてよいもの悪いもの

ライザップの糖質制限ダイエット中に食べてよいものとよくないものがあります。たとえば、糖質を多く含む、ライスやパンなどを極力摂らないことが大切です。

これまで主食であったものをやめていく代わりに、肉類、魚類、たまご料理、野菜、糖質の高くないフルーツ、豆腐・納豆・厚揚げなどの大豆食品を積極的に摂るようにします。意外にも、揚げ物やバターなども、低糖質メニューに含まれます。

肉料理を食べることができるダイエット方法なので、喜んで続けられるのではないでしょうか。

1日の具体的な食事メニュー

理想的な食事は、朝に多く食べて、昼に少し控えめに、そして夕食を簡素な食事にするようにプログラムしていくと、大きな効果を得ることができます。

摂取した糖質が体内で余剰してしまうと、それが中性脂肪になってしまいます。朝食や昼食で摂った糖質なら、1日の活動の間で消費する機会が多くあるので安心です。夕食で多くの糖質を摂ってしまうと、消費する機会がなく、脂肪になってしまうことになります。

朝食におすすめなのが、冷ややっこ、納豆、野菜サラダ、焼き魚です。低糖質のパンを使ったサンドイッチもおすすめです。チーズなどの糖質制限向けによい食品を選んで、トッピングを楽しみましょう。

昼食が外食なら、ごはんは少なめにし、唐揚げや野菜炒めやハンバーグなどがよいでしょう。夕食には、一人鍋をおすすめします。水炊きなどであれば、たくさんの野菜を摂ることができます。鶏肉や魚が入っていれば満足度も高く、続けていける実際的なメニューであるといえます。

また、お酒を飲むにも糖質の少ないウイスキーや焼酎などの蒸留酒なら、問題なく楽しめるということも覚えておくとよいでしょう。

ダイエットに効果的な食事摂取のポイント

間食の糖質摂取量を抑える

女性の糖質制限でつまずきやすいポイントのひとつは、間食で甘いものを摂ってしまうことなのではないでしょうか。ここまででもご説明した通り、それには女性ホルモンの働きが影響します。

その甘いものを食べたくなる強い衝動を乗り切るには、低糖質のおやつをいくつか確保しておくとよいでしょう。カロリーゼロのゼリーや、ナッツ類などがおすすめです。低糖質のチョコレートなども上手に活用して、糖質の摂取量を意識して管理するという習慣をキープしていくことが肝心です。

糖質制限のメリハリをつける

また、よいメリハリをつけて、糖質制限プログラムに取り組んでいくことも大切なポイントです。

自分にご褒美をあげることができる日を設定してみたり、よく計算したりしながら我慢していたアイスなどの糖質制限NG食品を少しだけ組み込むということも、プログラムを継続させるためのポイントです。

糖質制限メニューの工夫

焼き肉もタレに注意するなら糖質制限メニューのローテーションに組み込めるでしょう。

主食のライスをブロッコリーなどの食べごたえやかみごたえのある野菜に替えるということもひとつの選択肢になります。野菜を多く摂れるポトフや湯豆腐などの汁物は、満足感を高めてくれる切り札になることでしょう。

ダイエットのための筋トレメニュー

ダイエットは食事だけでなく筋トレも重要

ここまででご紹介した通り、糖質制限のダイエットでは、脂肪を燃焼させるためにエネルギーを多く消費してくれる筋肉の量が大事なポイントとなります。よい筋肉を多くつけるために、筋肉トレーニングは重要な要素として生活に取り入れていくとよいでしょう。

ライザップの筋トレメニュー

ライザップでは、週2回、1回50分のトレーニングメニューを課されます。1回は上半身を鍛えるメニュー、もう1回は下半身を鍛えるメニューです。次のようなトレーニングメニューを含みます。

上半身メニュー

  • ストレッチ
  • ベンチプレス
  • インクラインダンベルフライ
  • ダンベルショルダープレス
  • サイドレイズ
  • シーテッドロー
  • 腹筋
  • レッグレイズ

下半身メニュー

  • ストレッチ
  • バーベルスクワット
  • ワイドスクワット
  • フロントランジ
  • ヒップエクステンション
  • デッドリフト
  • 腹筋
  • レッグレイズ

かなり負荷の高い筋力トレーニングで、次の日に筋肉痛になってしまうぐらいの強度です。

このトレーニングによって、筋肉痛から回復した後は、さらに増えた強い筋肉になります。強くなった筋肉は、より多くのエネルギーを消費してくれるようになりますから、ダイエットの効果を上げるためには欠かせないステップであるといえるでしょう。

食事制限のみの場合、一時は体重を落とせるかもしれません。しかし、美しいスタイルに仕上げるため、あるいはリバウンドをしない体質をつくることが目的の場合、筋トレを生活に組み込んだ効果的な方法で取り組んでいく必要があります。

【まとめ】ライザップの食事メニューでダイエットを成功させよう

では、女性向けのライザップの食事メニューについておさらいしましょう。

  • ライザップの食事プログラムは糖質制限メニュー
  • 女性は男性に比べて筋肉が少なく内臓脂肪も少ないため糖質制限に不利
  • 無理のない食事メニューや筋トレが大事
  • 間食に気をつける
  • メリハリをつけて食事を楽しむ

糖質制限に不利といわれている女性でも、糖質制限プログラムから十分に効果を得ることができます。そのためにはこの記事で学んだような、糖質制限の考え方のポイントを正しく詳細に理解しておく必要があります。

ライザップなら、専属のトレーナーがそれぞれの生活に合った食事メニューを一緒に考えてくれます。これからライザップを始めようと考えている人は、美しくリバウンドしない身体を手に入れるために、まずはライザップに問い合わせてみましょう。

TOP