リソラボ(Re:solab")

ライザップと24/7ワークアウトを徹底比較。値段で比較するのはNG

健康志向が高まっている昨今、ジムでのトレーニングを検討している方も多いと思います。

しかし、数多くのジムが乱立しており「どこのジムに通えばよいのかわからない」「ライザップって有名だけど実際は?」「24/7ワークアウトはどうだろう」とさまざまな疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

今回はユーザーに人気のライザップと24/7ワークアウトの特徴やトレーニング内容、価格などを徹底比較します。それぞれの違いを理解し、自分に合ったジム選びの参考にしてください。

ライザップと24/7を比較。プラン内容と価格の違い

ライザップと24/7ワークアウトでは、どのようなトレーニングプランや料金の違いがあるのかを見ていきましょう。

ライザップ&24/7ワークアウト トレーニングプラン紹介

トレーニングプランで比較すると、ライザップのほうが複数のプランが用意されています。

女性に人気のプランとしては、ライザップにはシェイプアッププログラム、ペアシェイプアッププログラム、美脚プログラムといったプランでしょう。期間も2カ月、3カ月、4カ月から選ぶことができるというのが魅力です。

一方で、24/7ワークアウトでは、基本となるプランは1つで、2カ月間のトレーニングプランのみとなります。ただし、カウンセリング時に相談することで、2カ月を超えるトレーニングプランを受けることも可能です。

【トレーニングプラン内容】違いはトレーナーの質

効果的なトレーニングを短期間で効果的に進めたい人におすすめの、ライザップの2カ月間シェイプアッププログラムと24/7ワークアウトのベーシックなプランを比較してみましょう。

ライザップ

  • 回数 16回
  • 月1回の定期カウンセリング
  • 食事アドバイス
  • 専属トレーナーによる指導
  • Tシャツ、短パンの無料貸し出し
  • バスタオル、フェイスタオル、アメニティ
  • ライザップオリジナルウォーター
24/7ワークアウト

  • 回数 16回
  • トレーニングごとのヒアリング
  • 専属トレーナーによる指導
  • 食事アドバイス
  • メールなどの食事サポート
  • トレーニングウェア、シューズ、タオル、ドリンクの無料提供
  • 個室シャワー、タオル、アメニティ完備
  • 水素水飲み放題

決定的な違いは「専属トレーナーの質」

専属トレーナーという響きだとライザップも24/7ワークアウトも違いがないように思われます。しかしライザップ専属トレーナー採用の裏側には衝撃的な事実があります。

  • ライザップのトレーナー採用率はたったの3.2%
  • ライザップの専属トレーナーはバイトではなくすべて社員

「ダイエットをやりきる」に対して徹底的にサポートしてもらえる前提のもと、上記のような要素をライザップのトレーナーは持っています。他のジムの場合、「トレーナーがアルバイト」「正式な資格を持っていない」などのケースがあるので、ライザップのトレーナーの専門性と信頼性が比較的に高いのがわかります。
ライザップと他のジムを比較してみてみたい

【料金】値段だけみるとライザップの方が24/7ワークアウトより高いが...

料金だけみると、ライザップよりも24/7ワークアウトが安いです。ライザップのシェイプアッププログラム2カ月プランでは、298,000円(税別)ですが、24/7ワークアウトでは、196,000円(税別)となっています。

料金こそ高いものの、上述で紹介したトレーナーの質を考えるとやはりライザップの方が魅力的ですね。値段だけではなくサービスの質も考慮したうえで選ぶことをおすすめします。「確実に痩せるコミット」という点を特に重視するのであれば、ライザップを選ぶべきです。

※24/7ワークアウトのサービスの質が悪いわけではありません。ご了承よろしくお願いいたします。

食事の管理方法がまったく違う

最後に、ライザップと24/7ワークアウトの食事管理方法の違いについて、確認していきましょう。

ライザップは「食事制限」ではなく「正しい食事の習慣」にフォーカス

ライザップでは、正しい食事の指導を受けられるのが大きな特徴です。毎日の食事を写真で撮って報告することによって、トレーナーがお客様の日々の食事や体調をチェックしてくれます。

そして、その食事内容によって専属トレーナーから、翌日の食事についてアドバイスを受けることができます。

ダイエットと聞くと食事制限のイメージが強いかもしれませんが、ライザップは違います。ライザップに通った人の口コミではこのような声があります。

【30台男性】(一部抜粋)
食事はまったくきつくなかったです。

「食べるものを選ぶ」という感じで制限されている感覚はありません。

私はお酒も大好きで飲み会も多いのですが、トレーナーさんが飲んでもよいお酒を教えてくれたおかげでまったく苦じゃありませんでした。

24/7ワークアウトは食事の報告義務がない

一方で、24/7ワークアウトでは、最初に食事指導を受けた後は、報告する必要がありません。手間がかからない一方で、食事の誘惑に負けやすいというデメリットがあります。

店舗数・契約条件・カウンセリングの違い

ライザップと24/7ワークアウトにはどのような違いがあるのかについて、詳しく見ていきましょう。

店舗数の違い

店舗数は、24/7ワークアウトに比べるとライザップのほうが圧倒的に多いです。ライザップでは、海外も含め全国に120以上の店舗があります。また、全国にあるため比較的利用しやすい傾向があります。

一方で、24/7ワークアウトは、50店舗に満たない店舗数です。また、東京都内に比較的店舗がかたまっているので、そのほかの地域では店舗数が少ない、利用者が集まってしまうとなかなか利用できずに空き待ちになってしまうというデメリットがあります。

契約条件の違い

契約条件については、ライザップも24/7ワークアウトも大きな違いがありません。

入会できるのは、満16歳以上であれば入会できますが、満20歳に満たない方の場合は、保護者の同意やカウンセリング時に保護者が同席するなどの必要があります。

また、医師から運動や入浴について制限がされている場合は、どちらも入会するのが難しいです。もちろん、女性の方で妊娠をしている場合は入会できないなどの制限がありますが、基本的にはどちらのジムであっても間口は広いです。

カウンセリングの違い

ライザップであっても、24/7ワークアウトであってもどちらも入会前に無料カウンセリングが行われます。ただし、カウンセリングをする担当に大きな違いがあります。

ライザップでは、カウンセリング専用のスタッフがいますので、豊富な知識をもとに相談を受けたり、実際に提供されるプランの検討をしてもらうことができるでしょう。

一方で、24/7ワークアウトでは、申し込み後にトレーニングを担当するトレーナーがカウンセリングを行います。

ライザップでは、主に次のような特徴があります。

  • 店舗数が多い
  • 専門のカウンセリングスタッフがいる
  • トレーニングプランが豊富
  • 指導により正しい知識が身につく

一方で24/7ワークアウトでは次のような特徴があります。

  • トレーニングトレーナーによるカウンセリング
  • ライザップより価格が安い

値段が安いのは24/7ワークアウトですが、食事管理やトレーナーの質などはライザップのほうが優れています。値段だけにとらわれるのではなく、自分に合ったものを見つけて選択するようにしましょう

【会員数10万人突破】「結果にコミットできる」RIZAP

  • ・専門のカウンセラーからの完全無料なカウンセリング

    ・専属トレーナーからの正しい食事のアドバイス

    採用率3.2%の専属トレーナーとのマンツーマントレーニング

RIZAPの詳細を見てみる

【関連記事】
ライザップの値段は高い?それでも10万人から選ばれる5つの理由

TOP